ホホバオイルでヘアケアしましょう!

無印良品で比較的安価で手に入る「ホホバオイル」は髪の毛のお手入れアイテムとしておススメです。

 

ホホバオイルにはフケやかゆみの原因にもなる乾燥を防ぎ、頭皮の汚れを落とす効果が期待できます。

オイルなので保湿力も高く髪の毛に潤いを与えて、ドライヤーの熱によって飛んでしまう髪の毛の水分をホホバオイルの保湿力で髪の毛をコーティングしてしっとり感のあるサラサラな仕上がりへと導いてくれます。

 

ホホバオイルは髪の毛をしっとりとサラサラにしたり、頭皮トラブル防止にもつながることが分かりましたが、オイルなので髪の毛に付けるとベタベタしてしまうのではと心配になりますが、ホホバオイルはさまざまなオイルの中でもサラッとしたテクスチャーで手に付けた時もべたつきが少ないのでオイルが苦手だったり、普段オイルを使わない方でも心配は少ないです。

ヘアケア

サラッとしたオイルですが付け過ぎてしまうとやはりベタベタします。
もし付け過ぎてしまっても水洗いである程度落とすことができるので、付け過ぎても深刻に心配する必要はありません。

 

ホホバオイルには未精製のものと精製のものの2種類あり、未精製は絞ったままのオイルなのでビタミンやミネラルを豊富に含んでいるのがメリットですが、ホホバ特有の香りが残っている状態なので肌の弱い方やオイルに使い慣れていない方だと使いづらいと感じる場合があり、価格も高いです。
一方、精製は不純物を取り除いた状態で無色で臭いが無く、低価格なのがメリットですが、不純物と一緒にビタミンやミネラルが失われている状態です。

 

ホホバオイルの効果と言う面ではビタミンやミネラルが残っている未精製品が良いですが、値段が高いので髪の毛のお手入れとして続けるのなら低価格の精製品のホホバオイルでも十分です。
精製品のホホバオイルなら初めて使う方やオイルに慣れていない方も使いやすく、無印良品のように身近なお店で手に入るので精製品ホホバオイルを髪の毛のケアに使うのが良いです。

 

無印良品のホホバオイルの特徴は50mlで890円と安く手に入ることとクリアホホバオイルと言う刺激の少ないものを使っているので毎日のお手入れに安心して続けられるのでヘアケアとしてホホバオイルを使いたいなら無印のホホバオイルをおススメしたいのです。

実際に髪のお手入れにホホバオイルを使うにはどのようにしたら良いのかを紹介します。
色々な使い方ができ、シャンプーと混ぜて使ったり、トリートメントとして使ったり、頭皮のマッサージオイルなど幅広く活用できます

 

ブラッシングをしてホホバオイルを大さじ1手に取って馴染ませて、最初に髪の毛の中央から付けて、毛先、頭皮の順で優しく揉み込むように髪の毛とオイルを馴染ませます。
しっかり馴染ませたら蒸しタオルで髪を包んで10分から15分放置して、最後にシャンプーを2回してトリートメントをして、タオルドライしてドライヤーで髪を乾かすとしっとり感が出るのを実感できました。

 

ホホバオイルは刺激が少ないので頭皮に付けても安心です。
硬くなった頭皮を柔らかくしてリラックスでき、頭皮をスッキリさせたり、血行を良くします。
小さく円を描くように行うのがポイントです。

 

毛先など傷みが酷い個所はホホバオイルとトリートメントを混ぜて、それを多めにつけて放置したり、ドライヤーを使う前にホホバオイルを揉みこんでおく方法もしっとり感やツヤが出るようになりました

 

関連記事

ラサーナプレミオールシリーズの購入方法を紹介しちゃいます♪