毛質が硬い人は、こんな風にお手入れするといいですよ!

髪の量が多くて毛質が硬い方に向けたお手入れ方法を紹介します。

 

まずは「シャンプーをアミノ酸系のものに変えること」です。

 

ラサーナプレミオーる

 

アミノ酸系シャンプーは一般的なシャンプーである石油系やせっけん系シャンプーと比較すると保湿力が高いという利点があります。
髪の毛の量が多く、毛が硬い状態を柔らかくして扱いやすくすることがお手入れに必要なポイントなので、アミノ酸系のシャンプーを選ぶことで髪の毛が多くて硬い質感を柔らかくして、ごわごわした感じを減らす効果が期待できます。

 

次のお手入れポイントは「トリートメントを必ず行うこと」です。

アミノ酸系シャンプーを選ぶだけでなく、髪により効果的に潤いを与える目的でトリートメントを行います。
トリートメントには色々な種類がありますが、髪のキューティクルの奥まで保湿成分を届けてくれる働きや効果が期待できるものを選ぶのが硬くて多い髪の毛を柔らかくして潤いをもたらしてくれます。
リンスでも良いのではと思われるかもしれませんが、リンスは髪の毛の表面を良くする目的で使われるので、リンスではなくトリートメントを使うのが効果的なのです。

 

そして「ドライヤーの前にタオルドライをしっかりと行うこと」もお手入れのポイントです。

ドライヤーの熱はキューティクルを広げげ、髪の毛の内側の水分が蒸発してしまうので髪の毛が濡れた状態でドライヤーをかけると乾くまでに時間がかかり、長い時間ドライヤーに髪の毛が当たることで水分の蒸発量も増やしてしまいます。
ドライヤーの前にタオルドライして水分をある程度飛ばしてあげれば、ドライヤーにかかる時間も少なくて済むので髪の毛の水分の蒸発量も減らせるので髪の毛への負担も少なくできるので、タオルドライは大切なのです。
タオルドライの時に乱暴にゴシゴシと力を入れて行ってしまうと髪の毛を傷めてしまうので、優しくポンポン叩くように水分を拭き取ってあげ、力を入れないで行うのが良いです。

 

さらに「ドライヤーの前にオイルタイプの洗い流さないトリートメントを使うこと」もお手入れのポイントとして知っておくと良いです。

硬くて量が多い方は乾燥するとゴワゴワしたり、余計に扱いが難しくなります。

タオルドライをしていたとしてもどうしてもドライヤーの熱で水分が飛んでしまい、髪の毛が硬いとより乾燥が進むので、乾燥を抑える目的でドライヤーの前に洗い流さないオイルタイプのトリートメントを使うことでドライヤーの熱によって乾燥を予防でき、トリートメントの中にはドライヤーの熱に反応してお手入れの効果を発揮してくれるものもあります。

 

髪の毛が硬い方はドライヤーのかけ方にもコツがあります。
ドライヤーの熱によって水分が飛んで髪の毛を硬くしてしまうので、1か所に当てすぎないようにし、温風だけでなく冷風を使ったりして温度調節を行うことで髪の毛が硬い方特有のごわつきを抑え、髪の毛がより柔らかくなる効果が期待できます。

 

髪の毛が多くて硬い方はお手入れが難しいイメージがありますが、シャンプーをアミノ酸系にして、トリートメントを行い、ドライヤー前のタオルドライを行い、ドライヤー前に洗い流さないオイルタイプのトリートメントをつけて、ドライヤーは1か所に集中して当てることのないように均一に、時々冷風にして温度を下げてあげることで熱による髪の傷みの悪化を防ぎ、扱いやすい髪の毛を目指せます。

 

ラサーナのプレミオールは、硬い髪でお悩みの人の味方です。

 

ラサーナプレミオールを最安値で購入する方法はこれ!楽天はNG!

ラサーナプレミオールシリーズの購入方法を紹介しちゃいます♪